新習慣の滑り出しにスタンプカードを作る

以前から気になっている自分の身体の癖がありまして、これまではふとしたときに「変えたいなあ」と思うだけだったのですが、5月の大型連休を機に本腰を入れて取り組んでみることにしました。

自分なりによく考えて、「下半身と肩のストレッチ」の20秒ごと3セットを、まずは2週間続けましょうということに(脳内会議で)なったのですが、ストレッチに挑むのはこれが初めてではありませんで、最初こそ勢い込んでやるものの典型的な三日坊主……がお決まりのパターンです。今回はなんとかそこを脱したい。

家人を巻き込めれば一番いいとわかってはいるものの、彼人は筋トレは続いているがストレッチにはあまり興味がなく、強制するのもいまいちです。いろいろ方策を考えていてふと浮かんだのが、以前ネットで読んでなるほどと思った「スタンプカード」のアイディアでした。小学生時代、朝のラジオ体操に参加したらもらえたあれです。お店で購入金額に応じて押してもらえるもの、と言った方がピンとくる方もいらっしゃるでしょうか。

マス目を並べて、ストレッチをやった日にスタンプを押す……という流れをイメージしたとき閃いたのは、切り取り一筆箋が使えそうだ!ということでした。原稿用紙風ワク線がマス目にぴったりです。システム手帳に挟んでおけるのも、なくす心配と無縁です。

「やった日に押す」だけではやらない日が出てきてしまうので、やると決めた日から何が何でも続けるために、2週間分の日付を一気に書き込みました。うむ、なかなかのプレッシャー。

しかしこれが私の場合には見事に功を奏し、3〜4日目の「しんどいなあ、1日くらいいいか」という悪魔の(大げさ)囁きを、「スタンプに穴を開けるのはくやしい」という意地が上回ったのです。当面の目標「2週間毎日欠かさず」を達成しました!うれしい 😆

一列目に14マス、二列目に17マス(全マス)書くとキレイに一ヶ月31日分!

スタンプを押すのが予想外にたのしく、最初はつたない自作篆刻を使っていましたが、景気づけに浸透印(印肉の不要なスタンプ)を買ってしまいました。パイロットのフリクションスタンプと迷いましたが、消せるインクだと緊張感が足りない気がして、KODOMO NO KAOのものから選びました。デザインが豊富で目移りしますね!

スタンプごとに意味を変えたりしても面白そう

裏面には、初心忘るべからずということで、以下のことを書いています。

隣のページは、既出の「体温・体重・体脂肪率(+気温)グラフ」
  • 具体的なメニュー(盛り込みすぎで全部は続かず、★:必須/○:次点、と改変)
  • この習慣を続ける目的(私が書いたことは専門家の見解ではないので、付箋で伏せた上に凡例を書いています)
  • 自分への励ましメッセージ

体を動かすことに限らず、広いテーマに使えそうです。「継続することの意味が大きい」もので、かつ「当面は成果が見えにくい」ものにより有効かな、という気がします。

2週間を過ぎると、わずかですが身体の変化も感じられるようになってきました。この調子で、2週間→1ヶ月→3ヶ月、と記録を伸ばしていきたいです。

それでは、次回もよろしくお願いいたします。

広告