スカーフの結び方をシステム手帳に集める

〈水玉罫〉〈水玉罫〉続きで恐縮です。手前味噌ですが、ついあれこれと使い方が刺激されるリフィルでして……。

行き届いた管理ができる方ではないので、持っている洋服を減らしたいなあと考えていました。さりとて、着た切り雀と職場で思われるのも恥ずかしい。そこで、自分にしては頑張ってスカーフを集めた時期があります。もちろん高級メゾンのものにはとても手が出ませんでしたが……

首の周りに二回ほど巻きつけてぎゅっと結ぶ、くらいしか使い方を知らず、それではつまらないと、書籍やネット記事で結び方をあれこれ探しました。写真や動画で親切に解説してくれているページがたくさんあります。また、スカーフを買ったときに簡単なパンフレットをいただいたこともありました。

さまざまに楽しむことができるとわかったのは良かったのですが、飽きっぽい私は日によってコロコロ結び方を変えるため、慣れて覚えるまでに至りません。また、「この結び方はあっちのサイト、あの結び方はそっちの本」と、好きな/わかりやすい解説があちこちにあるのも、バタバタと準備で忙しいときに参照するのは不便です。

せっかく買ったスカーフを活かしたかったので、試しに使いかけのノートに結び方を集めてみましたら、スカーフを結ぶたびに開くようになり、大変重宝しましたので、どうせならもっと体裁をカッコ良くしたいと考えました。とはいえスカーフの結び方だけでノート一冊を使い切るのはむずかしく、そこで浮かんだのがシステム手帳です。サッと取り出したり、着替え中にクローゼットの棚にパッと広げたりするのに、バイブルサイズのコンパクトさも助かります。

説明が長くなりすぎました。現在の姿がこちらです。

よく使うスカーフとともに

自分にしては頑張って描いたので、もう少し大きく写したものもご覧いただければと思います。

水玉を使うと手順をいい感じで並べられます

タテ一列につき1種類の結び方です。線画だけでは見るときにタテヨコを混乱しそうだったので、それぞれの結び方ごとに違う色鉛筆で塗りました。布の動きがわかりやすいように、端だけを塗っています(全部塗りつぶすのが面倒だったというのもあり)。

しれっと書きましたが、ここに至るまでにノートを何回か引っ越しております。失敗を重ねて、ようやく満足いくものができました。

左上が先代。A5判スリムに結び方をヨコ一列で。絵の失敗が散見されます……

ここまでくるともう、スカーフを結ぶことが目的か絵を描くことが目的かわからなくなっていますが、持ち運びやすく開きやすいのは間違いなく、「すぐに見たい」情報をシステム手帳に集めるというやり方はおすすめです。

それでは、次回もよろしくお願いいたします。

広告