筆文葉はバイブルサイズのシステム手帳で、気やすく持ち運んで軽快に使っていただくために、リング径も小さいものを採用しています。姿形の特徴がはっきりしている分、書きものの用途によって、得手不得手が結構はっきりしています。

また、世の中にせっかくたくさんある手帳を、全部振り切って筆文葉一本に絞るというのも、仕事や生活様式によっては難しいでしょうし、もったいない気がします。

ここを書いている私かなじい自身が「紙もの大好き」ということもありまして、このテーマでは、筆文葉システム手帳と他の手帳(綴じ手帳やサイズ違いのシステム手帳など)との使い分けや、ノートの補佐役として筆文葉システム手帳を使う、といった観点から、試行錯誤も込みで、いろいろな組み合わせをご提案します。

さらに、現代の生活で避けて通れないのが、デジタル機器との「合わせ技」です。私はデジタルの世界もそれはそれで楽しいものと思っていますので、システム手帳とデジタル機器(代表選手はスマートフォンになりましょうか)それぞれに活躍できる場を与えられればうれしいです。そういう道も模索していきたいと思います。

ピックアップ記事


記事一覧を見る