中扉(なかとびら)

システム手帳に綴じた中身を区切ることのできる、扉風のデザインのリフィルです。おもて面にはタイトル・サブタイトルを入れることをイメージした枠線、うら面にはメモや箇条書きに使える罫線を入れています。

区切りとして使える選択肢はいろいろありますが、ちょっと帯に短し襷に長しで。

  • 付箋は使っているうちに剥がれ落ちることもあるし、書いた上から貼ると見づらい
  • インデックスシールは面積が狭くて書ける情報量が限られる
  • プラスチック製やコーティング紙の見出しシートは気楽に書き込みにくい
  • かといってリフィル本体を見出しとしてだけ使うのはちょっと惜しい

そんなところから考えた一品です。

(写真をクリックして拡大表示できます)

おすすめポイント

  • うら面の罫線は、前後1cmほどのところにわずかな隙間を入れております。一続きの直線として書き入れることもできますし、頭に番号を振ったり、お尻にページ番号を入れたり、日付欄やチェック欄としてお使いいただくこともできます。

 

中扉の使い方いろいろ

 

商品情報

  • 寸法:バイブルサイズシステム手帳用リフィル(170×65)
  • 入数:1パック15枚入り
  • 価格:300円+税

商品は現在、Pen and message. のサイトからご購入いただけます。
下のリンクをクリックすると、商品ページが新しく開きます。

商品を購入する

広告