「筆文葉」について

ブランドについて

「筆文葉」(ふでもよう)は、神戸の万年筆専門店 Pen and message. のオリジナル商品として2016年9月26日にリリースされた、システム手帳リフィルを中心とした商品ブランドです。発売より、文房具を愛する多くの方々に関心を寄せていただいてきました。

2018年11月初頭より、商品のデザイナーであるかなじともこの商品ブランドとして展開していく運びとなりました。書くことが楽しくなるような商品を企画していきたいと思っておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

名前について

ブランド名は、店名「Pen and message.」と、リフィルをイメージさせる “leaf”(ルーズリーフやリーフレットなど)を組み合わせて漢字表記にしたものです。最後まで読みを「ふでもんよう」にするか「ふでもよう」にするかで意見が分かれましたが、かなじい(後述)が強引に押し切ったのでした。

 

デザイナーについて

かなじともこ(かなじい)

1978年高知県生れ、肩書なし。大手印刷会社に勤務後、絵を描く生活を諦めきれず退職。縁あって Pen and message. の商品企画に参加することになり、紙製品や手帳アクセサリーの考案、制作に携わっている。書くこと(行為)、書くもの(道具)、書かれたもの(書物)に肩入れする、自称「書きもの愛好家」。

広告