システム手帳を使うとなれば、ノートのように使うにしても、いずれ「予定管理機能がほしい」という考えに至ることと思います。

「日付と曜日が記載された枠線で、時間と行動を管理・記録する」という目的を持つ手帳(リフィル)の形態には、スケジュール帳/ダイアリー/カレンダーなどがあります。筆文葉の、スリムでフットワークの軽いシステム手帳の使い方にまずそぐわしいと思ったのは、この中の「カレンダー」でした。

3つ折りカレンダーを一枚単体で見ると、七月始まりという、あまり見かけない区切りになっています。それは、システム手帳に次シーズンのカレンダーと二枚セットで綴じ、見開きで一年12ヶ月を見渡す使い方を想定しているためです。

左側に来る面には1月〜6月のカレンダー。

2017年1〜6月
2017年1〜6月

右側に来る面には7月〜12月のカレンダー。

2017年7月〜12月
2017年7月〜12月

7月〜12月の面の裏側には、翌年の1月〜6月のカレンダーが入っています。

2017年7月〜12月の裏は2018年1月〜6月
2017年7月〜12月の裏は2018年1月〜6月

見開きで使うと一年12ヶ月が見渡せるデザインです。

びろ〜んと横長
びろ〜んと横長

バイブルサイズの紙面サイズでも、できるだけ多く書き込めるように、月数字と日付以外は曜日の頭文字のみを入れ、祝日や六曜などの表記は思い切って省略しております。

曜日の頭文字はアルファベット表記です
曜日の頭文字はアルファベット表記です

週の区切りは、討議の結果、Pen and message. オリジナル正方形ダイアリーと足並みをそろえた月曜始まりに決めました。

face06-f-ca-08

休日で曜日を塗り分けたり、枠線を色鉛筆で囲ったり、使い方はいろいろです。使い始めに少しの手間はかかりますが、ご自身のライフスタイルに合わせたカレンダーのカスタマイズをお楽しみいただければ幸いです。

3つ折りカレンダーの使い方いろいろ


商品は、Pen and message. のサイトからご購入いただけます。
下のボタンをクリックすると、商品ページが新しく開きます。

商品を購入する

広告