BLOG

万年筆に入れたインクを管理するシステム

万年筆に入れたインクが何かわからなくなったとき、色で区別がつかなくて困る局面もあります。使うペンやインクは入れ替わりがあるし、デジタルでの管理は始めるまでが大変です。プロジェクトのメンバーで考えたら、結構シンプルな仕組みを思いつきました。各人の工夫の余地も大きそうなので、お楽しみいただけるのではないでしょうか。

新習慣の滑り出しにスタンプカードを作る

〈切り取り一筆箋〉新しい習慣は、始めてから定着するまでが勝負です(筆者の場合)。ともすれば中だるみしそうな時期を乗り越えるために、ちょっとゲーム的な工夫があると良いのではないか……ということで試しに始めてみたら、案外悪くないようです。原稿用紙罫の、ちょっと変わった使い方のご紹介です。

かなじい使用中のシステム手帳関連グッズご紹介

今回はリフィルの使用例ではなく、企画担当がシステム手帳と合わせて使っている道具類のご紹介です。ライフスタイルや手帳の用途によって道具もさまざまだと思いますが、「こういう道具や使い方もありか」と何かの参考になれば幸いです。Pen and message. では取り扱いのないものも入っていますが、ご了承ください。

システム手帳を体調管理に使う

〈方眼罫3mm〉元気かどうかは気分にもよりますが、体の調子は、体温や体重などの変化に意外に現れているものかもしれません。簡単に計測できる数値は、手近に開けるシステム手帳に書き残していくと、その変化からいろいろ発見があって、思いもかけない楽しさを味わえます。

映画を観たらあらすじをまとめてみる

〈中扉〉〈無罫(分割ガイド付)〉映画や連続ドラマや読書など、物語はいつも心踊る楽しみです。よい作品に出会ったときなど、感想でなくあらすじを書き残すのはいかがでしょうか。意外に自分の中に残る・育つものがあり、続ける楽しみも生まれます。

覚えたいことを楽しく頭に入れる

〈水玉罫〉〈中扉〉「覚える」と言われるとつい身構えてしまいたくなります。好きでやろうとしていることならなおさら、そこに遊びの要素があった方が愛着がわくでしょう。実用で活かせればもうけもの。水玉罫を使えば、情報の羅列に少し雰囲気を加味できます。情報が増えたときには中扉リフィルで索引を持つのがおすすめです。

システム手帳に表紙とタイトルをつける

〈中扉〉システム手帳バインダーを開いていきなり中身が始まるのではなく、そこにちょっとした表紙が挟まっていたら、素敵ではないでしょうか。タイトルをいろいろ凝ってみるのもたのしいものと思います。ごく一般的な単語からおふざけに近いものまで、タイトルに使えそうな言葉を考えてみました。なお、「デコ」要素はありません。

リンクメンテナンス作業完了いたしました

筆文葉ブログにご来訪いただきありがとうございます。先日お知らせしました、一部 Pen and message. 内オンラインショップへのリンクが不通となっていた件を解消しましたのでご報告いたします。また、当ブログのヘッダメニューに3つ折りカレンダーと中扉を追加いたしました。ご不便をおかけした方々には申し訳ありませんでした。

Pen and message. サイトリニューアルに伴う一時的なリンクメンテナンスのお知らせ

Pen and message. 店舗サイトのリニューアルに伴い、一部の商品のオンラインショッピングのページがリンク不通になっております。せっかくクリックしたのに表示されずガッカリされた方には申し訳ありません。現在ご覧いただけないページは、タイトルをクリックしてご確認ください。