筆文葉の紙とインクの相性

久しぶりの記事です。ダイアリーの続きも書きたいのですが、ふっと「そういえば、筆文葉の紙に実際に書いてみたらどんな仕上がりになるか、あらためて紹介したことはなかったから、ちょっと取り上げてみよう」と思いついてしまったので、先にこちらの話題で失礼いたします。

広告

Kobe Pen Show 2018の御礼と日付シート配信のお知らせ

Kobe Pen Show 2018が閉幕しました。ご来場の皆様、Pen and message. の皆様、主催者の皆様、出展者の皆様に改めて御礼申し上げます。また、まとめてのお知らせで恐縮ですが、11月いっぱいまで、2018年12月分の日付シートを配信しております。こちらもよろしければご利用ください。

Kobe Pen Show 2018 3日目に参加します

連日のお知らせで心苦しいのですが、なにとぞご寛容ください。Pen and message. のみなさんのご厚意で「Kobe Pen Show 2018@北野工房のまち」に、最終日の11月25日(日)に滞在いたします。イベント限定の商品などもご用意しましたので、お近くについでがあってお時間の都合がつきそうな方は、入場料500円が必要ですが、お運びいただけると嬉しいです。

ブランド独立のお知らせ

このたび、Pen and message. のお店の皆様のお力添えで、ブランド・デザイナーとして独立する運びになりました。皆様のご支援に感謝いたします。今後とも引き続き、商品とデザイナーをよろしくお願いいたします。ご挨拶と今後のお知らせを掲載させていただきますので、お目通しいただければ幸いです。

2019年版の手帳会議

朝晩ぐっと冷え込むようになって、冬の気配がもうすぐそこまで迫ってきました。この季節になると心を占めるのが来年の手帳のこと。私(かなじい)も来年に向けて、手帳の使い方を少し見直してみようと思っています。今回はその前哨戦で、これまでの手帳の使い方と、これから手帳で管理したいことをまとめてみました。具体的な話がなくて退屈かもしれませんが、よろしければお読みください。

読みたい本のリストを持つ

〈吹き寄せパック/風物のデザイン〉秋は読書気分が高まる季節ですが、いざ読もうと思っても「どれを読めばいいのやら」と決めかねることが多いのです。気になる本のリストは大量にあるのに、不思議なことです。そのリストをもう少し使いやすくする工夫を考えてみました。見たい映画やドラマのリストにも応用できるかもしれません。何か参考にお使いいただければ幸いです。

メモの取り方

〈横罫9mm(補助罫3mm)〉今回はひさしぶりに文字づくし、説明づくしの投稿です。書きながら自分が意識していることを分析するのは、なかなか興味深い時間でもあります。ご紹介したメモの取り方の感覚は、数学(算数)の文章題で数式を立てるときのものに似ているなあ、という発見もありました。どこで何がどう作用するか、意外なことは楽しいですね。